記述式問題

大学入学共通テストの記述式問題について,大きな問題になっていますね。
国語と数学の記述式問題は導入見送りになったようですが,なったらなったで時期的なものもあり,受験生は混乱して大変だなと感じます。

大学入試センターは,HPに「50万枚にもなる答案について,採点ミスを完全になくすことは技術的に限界がある。」と理事長名でコメントを出しています。
実施に向けてずっと努力をしていました的なことも書かれていますが,採点の公平性や正確性に限界があることはとうの昔にわかっていた気がしますが・・・。

司法書士試験にも記述式問題はありますが,国語などの一般的な記述式問題と違って,基本的に正解は決まっているし,答案数がそこまで多いわけではないので問題はないのでしょう。
ただし,正解や採点基準,配点がすべて公表されているわけではないので,試験終了後は,自己採点についてネットで大騒ぎになっていますよね。
個人的には,司法書士試験の場合は,よっぽど試験時間(特に午後の部)の短さがなんとかならないのかと思います。

コメントを残す