ドラマの脚色

現在、フジテレビで裁判官を主人公にしたドラマをやっていますね。

皆さん観ていますか?
そういう私は観ていないです。やはり自分の知っている分野だと色々と突っ込みどころが出てしまうので・・・。
ま、そんなことを言うと、数多くある刑事ドラマや医療ドラマは、警察関係の方や医療従事者の方はどんな思いで観ていることやら(笑)。

ネットの反応を見てみると、このドラマも法律家の方からすると突っ込みどころ満載のようですが、「裁判官」という職業にスポットが当たるのは、単純に面白いし良いことだなと思います。
その点、司法書士というのは、思い切り脚色しても面白いドラマにはなりそうもないですね・・・。

ところで、このドラマには、冗談が通じない堅物の女性裁判官が出てくるそうで、自分の歓迎会すら断ったりするそうですね(ネットの情報から知った限りです。)。
こういう方が、徐々に変わっていくというのはドラマの王道パターンですが、以前に私がいた職場で、異動してきた職員の歓迎会をやろうと話をしたら、「まだ歓迎するかどうかわからない。」と言い放った部長判事がいました。

これに比べると、ドラマのエピソードなどはかわいいもんですね(苦笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です