自分で登記手続きをする

コロナの感染拡大防止の一環として、法務局の現在の登記手続案内(登記相談)の取り扱いは、窓口対応はせず原則電話対応のみということになっていますね。

そのためか、最近は、「自分で登記手続きをしようとしたけど、法務局に詳しい相談ができず、やむなく依頼にきた。」いう方がしばしばいらっしゃいます。

皆さん、言われることはほとんど同じで、「法務局の担当者から、同局のHPを参考に書類を作成してみて、できないようであれば司法書士に相談してください。」とのことです。
で、いざHPを見てみると、どの手続きもひな型や記載例、説明が複数ページに及んでいるため、そこで気力が萎えてしまうみたいです。専門家に頼んだ方が早いと・・・。

ま、窓口での登記相談を行っていたとしても、その場で法的判断や事前審査をしてくれるわけではないですし、ましてや申請書を代書してくれるわけでもないですし。
司法書士の立場からすれば、法務局のホームページ(登記申請の部分)は、例も豊富で、とてもよくできているなと思います。

なので、自分で登記手続きをしてみようという方は、窓口相談のあるなしに拘わらず、まず最初に同ホームページを閲覧してみて内容を理解できるかどうか、それを自分自身で登記手続きをするか否かの判断基準にしてみるのも良いかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です