試験の感染症対策

法務省のHPに,今年度の司法書士試験並びに簡裁訴訟代理等能力認定考査における新型コロナウイルスについての対応が掲載されていますね。

試験には必ずマスクを着用することは,言われなくても皆そうするでしょうけど,その他にも,消毒用アルコールの設置や,試験室の適宜換気, 試験監督員のマスク(又はフェイスシールド)及びゴム手袋の着用なども予定されており,いつもと違った雰囲気の試験になりそうですね。

ただ,検温を実施予定で, 37.5度以上の発熱が確認された方や感染が疑われる体調異常がある方等は,会場に来られた場合でも受験中止をお願いすることがあるとなっています。
この部分はどうでしょうかね・・・少しぐらい体調が悪くても年に1回の試験,解熱剤や栄養ドリンクの力を借りて受験に行こうとするでしょうね。

そういうのがダメなんだというのはわかってはいますが・・・とりあえず,受験生の方は,自分のため皆のために,健康には留意していただければと思います。

コメントを残す